日本HP、インフォメーションガバナンス支援するソフト3製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、インフォメーションガバナンス支援するソフト3製品提供


掲載日:2014/04/09


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、企業のコンプライアンス徹底とリスク管理を支援するインフォメーションガバナンス・ソリューションポートフォリオを拡充し、データアーカイブ製品「HP Consolidated Archive 8」と、クライアントPCバックアップ製品「HP Connected Backup 8」、イメージングOCR製品「HP TeleForm 10」の提供を4月に開始する。価格は個別見積。

 いずれも、様々な業界のインフォメーションガバナンス(情報統治)要件に対応し、情報へのアクセスと情報内容の把握、活用を効率化でき、ITコスト削減と、構造化/非構造化データを含む企業内データ管理にともなうリスクの低減を図れる。

 これらにより、インフォメーションライフサイクルの観点から、企業ポリシーに従って情報活用を推進し、インフォメーションガバナンスの更なる推進を図れる。

 「HP Consolidated Archive 8」は、主に企業・組織に関わる非構造化データ(メール、ファイルなど)をアーカイブし、情報として取り出すことが困難な“非構造化データ社内情報”の可視化を図れる。また、モバイルアクセスや監査機能などのオプション機能を備え、企業ポリシーに応じて蓄積されたデータを活用し、国際訴訟やコンプライアンス対応を支援する。

 「HP Connected Backup 8」は、企業内のPCデータを保護するソフトウェアで、大企業にまで対応できるスケーラビリティを備えている。ポリシーを設定することで自動バックアップも行なえるほか、ユーザセルフ型バックアップ製品なので、PCリプレイス時のデータ移行を簡素化できる。また、バックアップされたデータを変更不可にし、監査に活用するホールド機能も備えている。新バージョンの「8.8」で、Windows PC向けAgent GUIが刷新され、より直感的に操作できる。

 「HP TeleForm 10」は、高精度OCR機能を備え、データ入力の自動化やイメージキャプチャを同時に行なえ、データエントリ業務の効率化を図れるとともに、従来は紙で保存していた文書を電子データ化できる。HP Autonomyといった製品と連携することで、電子ドキュメントの分類・整備を自動化でき、文章管理のコスト削減を図れる。また、コンテンツ管理と保管を行なう「HP Records Manager 8」との連携を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本ヒューレット・パッカード」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】 ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】
フォレンジック フォレンジック
全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。 社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054678


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ