NTTソフトウェア、スマホ向けネットワーク電話帳をiOS 7.1に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、スマホ向けネットワーク電話帳をiOS 7.1に対応


掲載日:2014/04/09


News

 NTTソフトウェア株式会社は、スマートフォンセキュリティソリューション「ProgOffice ネットワーク電話帳」の新バージョンを5月15日に発売する。

 今回の新バージョンは、iOS 7.1に対応しているほか、“利用レポート”機能が追加されたことで、管理者の利便性も向上している。iOS 7.1に対応したことで、iPhone・Androidスマートフォン・フィーチャーフォンを混在利用でき、各端末から、一元管理された最新の電話帳を利用できるため、より効率的な運用を図れる。また、iPhoneでも、オプションの“セキュアメール機能”を利用して、外出先から会社のメールをセキュアに閲覧・操作できる。なお、発着信履歴消去機能はAndroidスマートフォンのみに対応する。

 “利用レポート”機能は、同ソリューションの利用状況に関係する情報を、レポートで確認できる管理者向けの機能で、ログイン状況・発着信情報などをグラフやCSVファイルに出力できる。レポートから、管理者は部門ごとの利用状況や、社内内線への発信を外線発信しているなどの状況を簡単に把握できるため、電話利用の最適化に利用することもできる。

 スタンダード(端末1000台利用)・シングル構成(サーバ含む)での価格は、「端末発信タイプ」で710万円、「内線発信タイプ」で810万円(端末費・構築費など別)。


出荷日・発売日 2014年5月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

導入したMDMはペイできるのか? 費用対効果を徹底検証 【エムオーテックス】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】 MDMからEMMへ、新たなスマートフォンの業務管理法 AirWatch 【ヴイエムウェア】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 スマートデバイス管理ツール LanScope An (iOS・Android・Win対応) 【エムオーテックス】
MDM MDM MDM MDM MDM
分かりづらいMDMの費用対効果――コスト削減効果の計算法を公開 「持ち出せるデバイス」に進化したWindows……管理はどうする? スマートフォンやタブレットを活用する企業が増える中、その管理もより高度な内容が求められている。統合へ向かう管理ツールの未来とは? 企業が注目すべき潮流を探る。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 スマートデバイスの紛失・盗難対策に欠かせないリモートロック・ワイプ機能や位置情報取得のほか、資産管理、操作ログ取得など端末の管理・活用機能も搭載した新しいMDM。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054657


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ