採用:りそなホールディングス、OA端末をWindows 8に移行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:りそなホールディングス、OA端末をWindows 8に移行


掲載日:2014/04/08


News

 日本マイクロソフト株式会社(マイクロソフト)は、株式会社りそなホールディングスが、グループ内のOA端末3万台を、Windows 8及びMicrosoft Office 2013に移行したと発表した。

 りそなホールディングスでは、グループ内の端末で利用してきたWindows XPとMicrosoft Office 2003のサポートが4月9日で終了することを受けて、2月末に約3万台の端末移行を実施したという。

 りそなホールディングスは、まず2013年4月〜8月に、業務アプリケーションを主に仮想化を使って移行させたほか、Windows 8のポリシー設計やシステム管理製品「Microsoft System Center 2012 Configuration Manager」(SCCM) の環境構築などを実施した。

 端末側の移行は、営業店2店舗でのテスト導入後、8月より全営業店及び本社端末を順次移行し、2月末に移行を実施完了させたという。また、約半数は新しいPCを購入して対応したのに対して、利用開始から2年程度のPCはそのまま活用してアップグレードすることでコストを大幅に抑えられたという。

 加えて、Windows 8への移行と同時に、SCCMとセキュリティ対策製品「Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection」(SCEP)を採用し、SCCMを使ってリモートから無人でインストールを行ない、大規模なアップグレードを短期間で行なったほか、移行完了後も、PCの監視や、PCへのソフトウェアやパッチの配布、セキュリティ対策にSCCMとSCEPを利用することにより、クライアント環境の管理を、低コストかつ容易に行なえたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Windows」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

「Windows」関連の製品

「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル 【日本マイクロソフト】 Windows Server 2012 【日本マイクロソフト】 System x3550 M5 【レノボ・ジャパン】 限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】
Windows Windows Windows Windows
「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル ●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。
●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。
あらゆるワークロードを加速するパフォーマンス、信頼性、及び、セキュリティを備えた、強力でコンパクトな2ソケットの1Uラック・サーバ。 ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054617


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ