日立ソリューションズ、社内NAS等とAmazon S3の連携サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、社内NAS等とAmazon S3の連携サービス提供


掲載日:2014/04/07


News

 株式会社日立ソリューションズは、企業がファイル共有で使用しているファイルサーバ/NASとAmazon S3を連携し、双方のストレージを意識せずにコスト効率の高いファイル保存を行なえるストレージクラウドサービス「活文 Hybrid Storage Manager」の提供を4月25日に開始する。

 「活文 Hybrid Storage Manager」では、論理条件を組み合わせた複数のポリシーを用いて、企業内のストレージから利用頻度の低いファイルを自動選別し、暗号化したのち、Amazon S3に自動的に移動することで、企業内のストレージの空き容量を増やせる。これにより、企業内のストレージの増設を抑えられ、増設にともなうアンチウイルスソフトやバックアップソフトの導入コストやメンテナンスなど、総合的な運用コストの低減を図れる。

 Amazon S3へファイルを移動しても、仮想ビューワーを用いることで、従来どおり企業内のストレージにあるかのように見える。アクセスすると、即時にAmazon S3から企業内のストレージに戻り、利用できるため、利用者はファイルの移動を意識せずに利用できる。

 価格は、月額のオープン価格で、利用容量に応じて変動する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 【日本ヒューレット・パッカード】 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 【日本ヒューレット・パッカード】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054614


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ