採用:富士工業、オリジナル壁紙開発にHPプリンターを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:富士工業、オリジナル壁紙開発にHPプリンターを採用


掲載日:2014/04/07


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、壁紙メーカーの富士工業株式会社が、環境に優しい「HP Latexインク」を搭載した「HP Latex 3000プリンター」(Latex 3000)を、自然素材やリサイクル品を使用した高付加価値壁紙の小〜中ロット生産用に導入したことを発表した。

 富士工業は、石材や木粉、珪藻土などの自然素材やガラスビーズなどの骨材を活用した、素材系壁紙メーカー。ベース素材に特殊な糊で骨材を貼り付け製造する素材系壁紙は、光や影の強弱により様々な表情を見せることから、個性あふれる空間を演出する壁紙として、多くの住宅や商業施設に採用されているという。

 「Latex 3000」は第3世代の「HP Latexプリンティングテクノロジー」を搭載した新版のプリンター。無臭で環境に優しい水性インクで、溶剤系インクと同等の耐候性を備えた「HP Latexインク」の特長はそのままに、擦過性能や定着性を向上させ、優れた出力品質で毎時最大77平方メートルの優れた生産性を備えている。また、対応素材の拡大により、汎用性が強化されたとしている。

 今回、富士工業は壁紙生産用に「Latex3000」を採用し、従来のグラビア印刷では難しかった、小〜中ロットや短納期のニーズにオンデマンド印刷で対応することにより、オーダーメイド壁紙などの特注品の生産を可能にするという。また、優れた発色を再現する「Latex 3000」は、自然素材とあわせて活用することで、より繊細で風合い豊かな壁紙ができるほか、デザイン試作を本機で簡単にテストプリントできるため、顧客が求めるデザイン性の優れた壁紙作成など、デザイン設計から製品化までを効率的かつ柔軟に行なえるとしている。

 今回の導入により、商業施設や店舗、住宅など急速に高まるカスタムウォールデコレーションのニーズに対応することで、ビジネス拡大に向け取り組むと伝えている。また、「Latex 3000」を使用した素材系壁紙は、2014年秋より本格的に販売開始する予定であるという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054592


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ