インテック、IaaSでオールフラッシュの高速ストレージ機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インテック、IaaSでオールフラッシュの高速ストレージ機能を提供


掲載日:2014/04/04


News

 株式会社インテックは、IaaS型のビジネスクラウドサービス「EINS/SPS」シリーズで、仮想サーバごとに10GB単位で安価に利用できるSSD型の“高速ストレージ機能”の提供を開始した。価格は10GBで月額2000円。

 「EINS/SPS」シリーズでは、同社がサーバやネットワークの管理業務を代行する「EINS/SPS Managed」と、ユーザ自身でリソースを管理する「EINS/SPS SelfPortal」の2種類が用意されている。いずれも堅牢なデータセンタに配置され、設備の冗長化が前提になっていて、品質/信頼性に優れている。

 今回提供される“高速ストレージ機能”では、すべての記憶装置にSSDなどのフラッシュメモリを用いたストレージを利用することで、仮想サーバからのストレージI/O(読み込み/書き込み)機能を高速化でき、DBサーバや月次の大量バッチ処理、データ解析処理などの高速化と、省電力を図れる。

 「EINS/SPS Managed」では4月から東京/大阪/富山の3サイトで利用でき、「EINS/SPS SelfPortal」では5月から利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 10GB:月額2000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 アプリケーション開発がPaaSで変わる――70%もの工期短縮も可能に 【セールスフォース・ドットコム】 クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方 【インテル】 クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは? 【インターネットイニシアティブ】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。 要チェック!差別化が進むパブリッククラウドサービス最先端 アプリケーション開発がPaaSで変わる――70%もの工期短縮も可能に クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方 大手クラウドベンダーが教える、サービスの裏側と仕組みの秘密

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054586


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ