クアンタム、デジタル・ワークフロー向けのストレージを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クアンタム、デジタル・ワークフロー向けのストレージを出荷


掲載日:2014/04/04


News

 日本クアンタムストレージ株式会社(クアンタム)は、高性能デジタル・ワークフローを構築でき、放送局やポスト・プロダクションの現場の効率性向上を図れるように設計され、高度に最適化された「StorNext Proストレージ・ソリューション」の出荷を開始した。

 「StorNext Proソリューション」は、新しくデザインされた「StorNext 5」プラットフォームの機能と効率性を活用し、ストレージ・インフラストラクチャを構築するための課題に簡易に対処できる。ユーザのワークフローに対応した、「StorNext Pro Studio」「StorNext Pro 4K」「StorNext Pro Production」の3製品で構成されている。全製品が高スケーラブルで、3年間の製品サポートを含み、Apple/Adobe/Autodesk/Avid/Telestreamや一般的なメディアアセットマネジメントのアプリケーション製品のような拡張性のあるStorNextエコシステムとシームレスに結合できる。

 「StorNext Pro Studio」では、既存のApple Xsanストレージ環境をリプレースするために、Xsanと100%の互換性を備え、48TBのストレージ容量と、高性能でスケーラブルな環境を提供する。StorNext M441Dメタデータ・アプライアンスとStorNext QX1200 RAIDストレージ・システムで構成され、制作スタジオに、コスト削減効果に優れ、導入しやすい環境を提供する。

 「StorNext Pro 4K」は、新規または既存のStorNextのために高性能ストレージを提供し、4Kメディア・ワークフローでの要求に対応する。取り込み/制作/配信を含んだ4Kワークフローに対して、StorNext M445 SSDメタデータ・アプライアンスを使用したメタデータへの高パフォーマンスと、StorNext QX1200 RAIDストレージ・システムで提供されるスケーラビリティ(144TBの物理容量)を備えている。

 「StorNext Pro Production」は、ポストプロダクションや放送局にコンテンツ制作からコンテンツ・ライブラリ管理までのストレージ・プラットフォームを提供し、スケーラブルなStorNext M662XLメタデータ・アプライアンス、StorNext QX1200 RAIDストレージ・システム(96TBの物理容量)、StorNext AEL500 41スロット(102.5TB)LTO-6ライブラリを統合する。これにより、制作ワークグループ、統合されたWindows/Linuxのレビュー・ステーション、プロキシやトランスコード・サーバ、LTFSを利用した取得/配信/アーカイブに利用できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054585


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ