キヤノンソフト、タブレットでホスト業務を行なえる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンソフト、タブレットでホスト業務を行なえる製品を発売


掲載日:2014/04/03


News

 キヤノンソフトウェア株式会社(キヤノンソフト)は、端末エミュレータ「TCPLink Enterprise Server」のオプションで、メインフレームのオンライン端末機能をiPadやAndroid搭載タブレットなどで利用できる「TCPLink Enterprise Server スマートデバイスオプション」を発売した。

 「TCPLink Enterprise Server スマートデバイスオプション」では、在庫照会/受発注処理/リモート保守業務といった、従来はPCやハンディ端末で行なっていたホスト業務を、簡単に、場所を問わず行なえる。エミュレーション機能はスマートデバイス上のWebブラウザを使用するため、スマートデバイスに専用アプリケーションをインストールすることが不要で、管理者の負担軽減も図れる。

 同時接続4セッションでの価格は、「TCPLink Enterprise Server」が18万円から、同オプションが12万円から。


出荷日・発売日 2014年4月2日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054549


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ