Samurai、モバイル活用で顧客戦略に特化したO2O対応製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Samurai、モバイル活用で顧客戦略に特化したO2O対応製品を発売


掲載日:2014/04/02


News

 株式会社Samuraiは、モバイルを活用し実店舗の顧客戦略に特化したO2O対応製品として「Actual Revolution for mobile CRM(AR for m CRM)」を発売した。

 「AR for m CRM」は、店頭やWebサイト上で簡単・シームレスに会員登録や会員認証を行なえるよう、フェリカネットワークス株式会社のプラットフォームサービス「かざすフォルダ」に標準対応している。また、導入事業者専用のアプリケーション不要で、ブラウザベースで会員専用のサービス(マイページ・クーポン・ポイント・スタンプサービスなど)が提供されるため、煩わしいアプリケーションの導入・設定など不要でサービスを利用できる。

 導入先のサービスモデルに合わせて、クーポンやスタンプ、ポイントなどの販促サービスの利用要件を細かく設定できるほか、サービスの利用に応じて、顧客をセグメント化(ランク管理)し、会員が属するセグメントに合わせて提供する販促サービスを動的に変更できるため、会員育成型のCRMサービスを容易に提供できる。

 同製品の別エディション「ECサイトエディション」「ポータルサイトエディション」と同一プラットフォームを採用しているため、実店舗の会員管理に加え、ECサイト会員との統合を行なえる。また、ECサイトの運営に求められる各種運用関連機能と販売促進機能も同様のプラットフォームで提供できるため、単一のツールで実店舗とEC店舗を連動させたO2Oサービスの展開を図れる。なお、「AR for m CRM」のECサイト機能はオプション(有償)。

 会員固有の情報として、一般的な属性情報(固定データ)に加え、来店頻度や購買金額、参加キャンペーン、利用クーポンなどの店舗やECサイトでの会員固有の利用実績情報に応じて会員をセグメント管理(ゴールド会員・プラチナ会員などのステップアップランク管理)できる。また、サービスを利用する会員のランクごとに、配信するクーポンやポイント倍率などの設定や特定の会員ランクのみが参加できるキャンペーンなどを企画・設定できるため、重要顧客の見える化と囲い込みを容易に行なえる。

 外部システムと連携させるための様々なインターフェースがWeb APIとして標準提供され、少ないコストで既存の店舗システムとの連携を図れる。また、本部向け/ショップ向け管理画面が提供されるほか、ショップ/端末管理機能や、エリア/ブランド管理機能などが提供される。


出荷日・発売日 2014年4月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 クレームをチャンスに変える! 攻めの顧客対応で売上アップする方法 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054517


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ