STS、Oracle Databaseのトラブル対応駆けつけサービスなどを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


STS、Oracle Databaseのトラブル対応駆けつけサービスなどを提供


掲載日:2014/03/31


News

 株式会社システムサポート(STS)は、Oracle Databaseの緊急トラブルに迅速に対応する保守サービス「駆けつけサービス」の本格提供を4月1日に開始する。また、その後の保守を支援する非常駐型の「チケットサービス」をリニュアルして提供する。

 「駆けつけサービス」では、土日を含め24時間受け付け、できる限り迅速に現場に駆けつけて対応する。Oracle社の認定資格“ORACLE MASTER”保持者が直接対応し、トラブルに対処する。料金は定額で10万円。

 「チケットサービス」は、Oracle Databaseに関して、常に要員を置かず必要な時に必要なだけ使えるチケット制保守サービス。10チケットで65万円の定額なので、年間契約に比べ保守費用を削減できる。チケットが余った場合はDB診断サービスなど別のサービスに利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

マルチベンダーインフラ保守やトラブル対応をまとめて簡単に 【日本アイ・ビー・エム】 ベンダー機種不問、保守切れ製品保守延長可、それって一体? 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
インフラ周りは管理も運用も複雑で……ベンダーが混在する環境はどう整理する? ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体? マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054433


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ