デル、厳しいワークロード向けサーバと浅型/静音サーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、厳しいワークロード向けサーバと浅型/静音サーバを出荷


掲載日:2014/03/31


News

 デル株式会社は、厳しいワークロードに対応する高機能サーバ「Dell PowerEdge R920」の出荷を開始した。また、浅型で省スペース性に優れた1ソケット/1uラックサーバ「Dell PowerEdge R220」の出荷を4月上旬に開始する。

 「PowerEdge R920」は、インテルのE7プロセッサを搭載した4ソケット/4uのサーバ。最大60コアの処理能力に加え、8基の高速/低レイテンシなPCIe Express Flashドライブや、キャッシュサイズが拡大された「H730P PowerEdge RAID Controller(PERC)」、より多く利用できるSSD全体のパフォーマンスを最大化できるデュアルPERC機能を備え、アプリケーションはより多くのトランザクションをより少ない時間で実行できる。

 6TBのメモリと最大24基のローカルストレージドライブを備え、動的なビジネス条件に応じてITを迅速に成長させられるように配慮されている。大量の共有メモリ(SMPコード)が必要になるスレッド化されたHPCアプリケーションにも適していて、HPC環境をNagios(Linuxコンソール)で管理/監視するためのプラグインも含まれている。また、耐障害性メモリなどを搭載し、信頼性や可用性に優れている。

 「PowerEdge R220」は、シャーシの奥行きが15.5インチと小型な上、静音性に優れ、場所を問わず設置できる。XeonプロセッサE3-1200 v3製品ファミリーやCeleron/Pentiumプロセッサから選択できる。DIMMスロットを4つ備え、最大32GBに拡張できるほか、PCIe 3.0 x16拡張スロットや5つのUSBポートを備えている。ハードウェアRAIDオプションも用意されている。

 シンプルで直観的に管理でき、導入時間の短縮と管理体制の簡略化を図れる。また、オプションのDell Remote Access Controller 7(iDRAC7)に搭載されているライフサイクルコントローラを使用することで、ソフトウェア管理エージェントの運用まわりの手間とエラーを排除でき、サーバのライフサイクルを通じてエージェントフリーな管理機能が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

統合的なサーバ管理を提供する「Dell EMC PowerEdge iDRAC」 【デル】 ITシステムを効率よく一元管理「OpenManage Essentials」 【デル】 無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ
最新ツールでIT担当者はサーバ管理業務から開放されるのか? システム管理が無償でここまで! OpenManage Essentialsって何? 「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054429


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ