Actifio、コピーデータ仮想化の普及拡大で1億米ドルの資金調達

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Actifio、コピーデータ仮想化の普及拡大で1億米ドルの資金調達


掲載日:2014/03/31


News

 米Actifio,Inc.(アクティフィオ)は、既存の投資企業North Bridge、Greylock IL、Advanced Technology Ventures、Andreessen Horowitz、Technology Crossover Venturesが参加し、Tiger Capital Management,LLC主導で実施された投資ラウンドの結果、募集額を超える1億米ドルの資金を調達したことを発表した。

 アクティフィオは、今回調達した資金を活用し、仮想化及びクラウドITアーキテクチャ向けデータ管理ソリューションの市場において、シェアの拡大、グローバル規模でのブランディング展開、製品機能の強化・拡充を加速していくと伝えている。

 同社のコピーデータ仮想化は、現世代のデータセンタがコンピューティングのためにサーバの仮想化を実行しているのと同様に、必要なときに必要な場所でデータを利用できるようにすると述べている。

 単独でのバックアップ、事業継続性、開発及びテスト、分析、コンプライアンスアプリケーションにより物理的に近く、そこに保存されている単独データのコピーを作成及び移動するインフラ中心のモデルは、無駄の多いインフラのサイロ化につながると述べている。また、サイロ化されたインフラは、コストの増大、制約の拡大をもたらし、情報アクセスの遅延、高い先進性・可用性(常時オン)・俊敏性が要求される事業展開を支援するために、IT組織が必要なサービスレベルを提供することを困難にするとしている。

 同社の独自技術「Virtual Data Pipeline」(VDP)テクノロジーは、企業ユーザ及びサービスプロバイダがデータ管理を仮想化し、アプリケーションデータを物理的なインフラから切り離せるようにすることで、拡大するこのようなニーズに適応すると伝えている。その結果、企業・組織は、ビジネスの弾力性、俊敏性、インテリジェンスの改善が可能になるとともに、時間、アプリケーション、場所を問わず迅速に必要な情報にアクセスすることや、ITアーキテクチャをサポートできるほか、コストを最大90%削減することができると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054409



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ