BIGLOBE、IaaSのサーバOSにWindows Server 2012とRHEL6を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


BIGLOBE、IaaSのサーバOSにWindows Server 2012とRHEL6を追加


掲載日:2014/03/28


News

 NECビッグローブ株式会社(BIGLOBE)は、IaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」のサーバOSのラインアップに「Windows Server 2012 Standard Edition(64bit)」と「Red Hat Enterprise Linux 6(64bit)サブスクリプション付」(RHEL6)を追加し、提供を開始した。

 「BIGLOBEクラウドホスティング」では、ファイアウォールやVPNなどのオプションをきめ細かく選択できる。また、時間単位の従量料金のほか、毎月一定額となる月額料金も用意されている。

 今回追加されたサーバOSを、サーバ作成時に選択し、CPU/メモリ/ディスクなどを必要に応じて、自由な組み合わせでサーバ環境を構築できる。また、RHEL6を選択した場合は、RHELを利用するための技術サポートやバグ修正/アップデートの入手などを含むサポートサービスを受けられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

タッチ操作、リッチなUI、多様なデバイス、簡単に開発する新手法 【日本マイクロソフト】 専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド 【さくらインターネット】 低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ 【さくらインターネット】 基幹業務システムの俊敏性と信頼性を最大化 クラウド移行の秘訣 【日本アイ・ビー・エム】 先進企業のクラウドサービス活用術、導入効果を高めるポイントは 【日本オラクル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
アプリ開発の新しい武器「Windows 10 UWP」を初歩から一気に把握 専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド 低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ 情シスが手間なくクラウド移行を実現するには? マネージドサービスの実力とは 先進企業のクラウドサービス活用術、導入効果を高めるポイントは

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054393


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ