マイクロフォーカス、機能テスト自動化ツールなどの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロフォーカス、機能テスト自動化ツールなどの新版を出荷


掲載日:2014/03/28


News

 マイクロフォーカス株式会社は、ソフトウェア開発向けの、機能テスト自動化/負荷テスト/テスト管理の各ツール「Silk Test」「Silk Performer」「Silk Central」の新バージョン「15.0」と、ブラウザ構成テスト支援に特化した新製品「Silk Central Connect」の出荷を開始した。

 「Silk Test」は、GUIの機能テスト/回帰テスト自動化ツール。「15.0」では、モバイルデバイスでのブラウザの記録/再生が可能になったほか、Windows 8.1やIE 11、Chrome/Firefoxなどの新バージョンに対応した。

 「Silk Performer」は、仮想的に利用者を設定し負荷をかけることで、パフォーマンス問題をシミュレートできる。「15.0」では、プロトコルレベルでの記録/再生が可能になり、仮想利用者のパフォーマンスが向上した。また、「Silk Test」(Silk4J/Silk4Net)のテストスクリプトを使用してGUIレベルのテストを行なえるほか、負荷テストの生測定値データを収集してCSVに格納できる。複数の負荷テストの結果を1つのフォルダにマージできるウィザードも追加された。

 「Silk Central」は、要件からテスト、テスト実行結果などを紐づけ、様々な状況を可視化することで、プロジェクトチーム/プロセス/ツールの効率的なコラボレーションによる全体的な品質の向上を図れる。「15.0」では、レポートの配信登録の作成や受信スタイルのカスタマイズ、レポートのパラメータ変更などの機能が追加されたほか、Wordに加えExcelからの要件のインポートと更新が可能になった。

 「Silk Central Connect」は、様々な種類の構成テストの実行管理と結果参照が可能なブラウザ構成テスト支援ツール。「Silk Test」で作成したテストスクリプトを利用して、複数のPCブラウザやモバイルブラウザでブラウザ構成テストを自動実行できる。それらのテストスクリプトは、アマゾン ウェブ サービスやVMware vCloud上に構築された実行環境でも利用できる。オンタイムで必要な数だけテスト環境を用意し、ブラウザ構成テストを行なえるため、コストを抑制できる。構成テストの実行スケジュールを簡単に設定できるため、ハードウェアの空いている時間を利用して、クラウドやオンプレミスの環境でテストできる。また、前回と今回のテスト実行結果の比較や、エラー個所のスクリーンショット参照など、実行結果を分析するための詳細情報を閲覧できる。


出荷日・発売日 2014年3月27日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054390


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ