スターコミュニケーションズ等、HD映像伝送システム新版リリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スターコミュニケーションズ等、HD映像伝送システム新版リリース


掲載日:2014/03/26


News

 スターコミュニケーションズ株式会社と米国TVU Networksは、無線回線を利用したHD映像伝送システム「TVUPack」のソフトウェアの新バージョン「Falcon」(Version4)をリリースした。

 今回の新バージョンは、トランスミッター「TM8100」「TM8200」とレシーバー「TR3200」「TX3000」「TX3200」のソフトウェアで構成されていて、様々な新機能/改善案が含まれでいる(「TM8100」の日本対応については検討中)。

 “Inverse StatMux+:”では、画像復元能力が向上していて、移動中といったタフな環境でもHD映像を約1秒の遅延で伝送できる。“Auto Setting自動設定機能”では、伝送時のネットワーク環境に適したビットレート/解像度を簡単に自動設定できる。“Tape-Feedモード”が追加され、カメラの収録映像や編集済み映像を、最大限可能な高画質で現場からスタジオに伝送できる。

 “SMPTEタイムコード”では、「TVUPack」での内蔵SSD録画機能に、カメラ同期したタイムコードが追加され、Quicktimeフォーマットでダウンロードできるため、ノンリニア編集の効率化を図れる。“BGANインテグレーション”では、BGAN端末への自動接続などを行なえ、より簡単にセッティングを行なえる。“カメラインテグレーション”では、Panasonic製カメラ(機種限定)のビューファインダー内に「TVUPack」のステータス情報を表示できる。また、SIMとデータカードのAPN、ダイアル情報などを自動設定できる。

 IFB機能が拡張され、ライブ中以外もIFB機能をオンにでき、1台のレシーバーから複数台のトランスミッターに同時にIFBを送れる。レシーバーが受信している「TVUPack」の映像を現場でモニタリングできる。“Auto Download機能”では、ライブ伝送後SSD録画されたライブ映像をレシーバーに再度自動ファイル転送できるほか、“GPSロケーションマップ”では、トランスミッターの居場所をレシーバーから地図上で確認できる。トランスミッター/レシーバーとも操作性が向上し、スマートフォンやノートPCでリモート操作できる。また、レシーバーにFTPサーバ機能が追加され、映像に加え、様々なファイルを現場からスタジオに素早く伝送できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054321


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ