採用:富士通テン、オラクルと富士通の運用管理ソフトウェア導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:富士通テン、オラクルと富士通の運用管理ソフトウェア導入


掲載日:2014/03/26


News

 日本オラクル株式会社は、富士通テン株式会社がオラクルのIT統合管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager」と、富士通株式会社の統合運用管理ソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker」を導入し、両製品の連携により、全社共通ERP基盤と基幹データウェアハウス基盤を含む基幹システム全体の一元管理を図ると発表した。

 富士通テンは、業務プロセスを標準化する全社共通ERP基盤として「Oracle E-Business Suite」を導入し、国内外の拠点で活用しているという。また、各拠点のERPデータを集約するデータウェアハウス基盤を「Oracle Exadata」で構築し、リアルタイムでの事業状況把握と意思決定の迅速化を図ると述べている。これら一連のシステムを一元的かつ効率的に運用・管理することを目的に、「Oracle Enterprise Manager」と「FUJITSU Software Systemwalker」の導入が決定したという。

 同社では、各拠点のERPシステムからのデータ集約を行なうバッチジョブの管理及びERP、データウェアハウス・システム全体の統合運用管理環境として、「Systemwalker」製品群を導入したという。更に、オラクル製品の監視及び管理を詳細なレベルで行なえる「Enterprise Manager」を導入し、両製品の連携機能を活用して、オラクルを含む複数ベンダの製品を組み合わせたシステムの稼働監視を同運用管理ツール上で一元的に行なう環境を構築したと伝えている。

 両製品の連携機能により、DBやERPなどに発生した障害を「Enterprise Manager」が検知すると、その詳細情報が自動的に「Systemwalker」に渡されるという。この情報には、アラートの重要度やエラーメッセージの内容が含まれ、システム管理者は、障害の詳しい内容を「Systemwalker」の管理画面上で確認できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス 【イーツ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
IoT技術で現場の事故発生を迅速把握――人の目に変わるIoTの活用とは オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054294


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ