om-nix、セキュアソフトの侵入検知・防御システムの取扱いを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


om-nix、セキュアソフトの侵入検知・防御システムの取扱いを開始


掲載日:2014/03/25


News

 株式会社セキュアソフトは、丸紅OKIネットソリューションズ株式会社(om-nix)が「SecureSoft Sniper IPS」及び「SecureSoft Sniper DDX」の取扱いを開始することを発表した。

 「SecureSoft Sniper IPS」はネットワーク可用性と安定を高める侵入検知・防御システム(IPS:Intrusion Prevention System)で、ハッキング、ワームなどのネットワーク脅威をリアルタイムで検知・防御するシステム。1台で複数のIPSを利用しているかのように検知ポリシーを設定するバーチャルIPS機能があり、通過するトラフィックのパケット取得・分析を行なえ、不穏なトラフィックを判断し、攻撃者の追跡も行なえるという。また、64バイトのショートパケットにおいても100%のスループット値を測定し性能低下がないとしている。

 「SecureSoft Sniper DDX」は8つの解析エンジンで、検知を行ない“振る舞い検知”により未知の攻撃、“シグネチャ検知”により既知の攻撃を防御できる。

 om-nixは、丸紅グループが培ってきた自社通信インフラを活用したサービスの提供と、OKIグループが持つ優れたネットワーク構築能力を組み合わせ、ネットワーク基盤をワンストップで提供する企業。

 今回、セキュアソフトの「SecureSoft Sniper IPS」を同社のセキュリティソーショ加えることにより 、ネットワーク脆弱性を解決し、信頼性に優れたセキュリティネットワークサービスの提供が可能となるとしている。

 セキュアソフトは、今回om-nixが「SecureSoft Sniper IPS」の取扱いを開始するにあたり、om-nixが持つ様々な顧客に対し製品・サービスを提供し両社協力の上、ネットワークセキュリティ製品の市場占有率を高めること目指すと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

HPEが“持ち出し”も辞さない「IT投資保護」プログラムを開発した理由 【日本ヒューレット・パッカード】 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 【ルックアウト・ジャパン】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは 【日本電気株式会社】 「セキュリティ対策製品」に関するアンケート 【菱洋エレクトロ】
統合運用管理 その他エンドポイントセキュリティ関連 開発ツール 垂直統合型システム IPS
コモディティ化が速いITインフラでハコモノと技術を買うのはナンセンス。とはいえハコが不要なわけではない。IT投資を無駄にしないために、われわれは「何」を買うべきか。 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは Amazonギフト券5000円分が当たる:「セキュリティ対策製品」に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054267



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ