ソースポッド、ポップアップ利用のメール誤送信対策を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソースポッド、ポップアップ利用のメール誤送信対策を提供


掲載日:2014/03/25


News

 株式会社ソースポッドは、クラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」で、Outlookなどのメーラー上でポップアップを利用した誤送信対策を行なえる「クライアントメーラー対策オプション」の提供を4月1日に開始する。

 「SPC Mailエスティー」では、メール誤送信対策/暗号化/送信フィルタ(上長承認機能含む)機能が提供され、Office 365やGoogle Appsなどのクラウドサービスに加え、オンプレミス/ホスティングなど環境を問わず、様々なメールシステムと連携でき、必要なセキュリティ機能のみ利用できる。

 今回提供される「クライアントメーラー対策オプション」では、NTTソフトウェア株式会社の「CipherCraft/Mail」の、Outlookのアドインとして稼働する「Outlookアドインタイプ」と、様々なクライアントメーラーと連携する「クライアントタイプ」が、サービスとして提供される。Outlookなどクライアントメーラーの送信ボタンをクリックすると、直ちにポップアップでメール確認画面が起動し、スムーズに、手間なくメール送信時の事前チェックを行なえるほか、メールの暗号化機能も標準で提供される。

 また、Office 365のように、OutlookとWebメール「Outlook Web App」を併用する場合、「Outlook Web App」は「SPC Mailエスティー」本体で、Outlookは「クライアントメーラー対策オプション」で誤送信対策を行なうことで、利用環境に適した形で誤送信対策を行なえる。

 「SPC Mailエスティー」の価格は月額100円から。「クライアントメーラー対策オプション」の価格は1アカウント月額135円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で 【トレンドマイクロ株式会社】 クラウド型メールセキュリティサービス 「Private 秘書サービス」 【エクセス】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 Barracuda Essentials for Email Security 【バラクーダネットワークスジャパン】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で 社外から届くメールをPCで受け取る前に安全な環境で閲覧し、必要と判断したメールだけを受信できるようにするセキュリティサービス。ビュワーはスマートフォンにも対応。 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 高度な標的型攻撃対策、メールの保管、暗号化と情報漏えい対策、ならびにアーカイブ機能を提供するクラウドベースのメールセキュリティサービス。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054250


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ