ブロケード、CTCなどとディストリビュータ契約を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ブロケード、CTCなどとディストリビュータ契約を締結


掲載日:2014/03/24


News

 ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社(ブロケード)は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)と株式会社ネットワールドとの間で、ブロケード製品のディストリビュータ契約を締結したことを発表した。

 今回の契約により、Vyatta社(2012年にブロケードが買収)の仮想ルータ製品である「Brocade Vyatta vRouter」の販売スキームが確立され、ブロケードはパートナー企業との連携を深めて国内展開を本格化していくとしている。

 ブロケードは、大手通信事業者やクラウドサービス事業者などに対しては、仮想ルータを組み込んだサービスの開発・提供を推進していく一方で、エンタープライズ企業に対しては、多数拠点間におけるVPN接続やセキュリティの課題を解決するソフトウェア・ルータとして、従来型のソリューションに比べて圧倒的にシンプルで低コストな仮想ネットワークとして新たな市場を開拓していくとともに、プライベートクラウド/ハイブリッドクラウドへの移行を支援していく計画だという。

 同社では現在、「Brocade Vyatta vRouter」のソフトウェアをダウンロードしてその動作を確認できる機会を提供することを目的に60日間無償トライアルを実施しているほか、パートナー各社に対しては、各種トレーニング、営業及びマーケティング・サポート・プログラムを提供し、パートナーによる販売促進を支援していると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
統合ログ管理 BI 暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054231



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ