エックスライト、スマホ等用のカラーマネジメント・アプリを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エックスライト、スマホ等用のカラーマネジメント・アプリを発表


掲載日:2014/03/20


News

 ビデオジェット・エックスライト株式会社(エックスライト)は、iOSやAndroidプラットフォーム用のカラーマネジメント・アプリケーション「ColorTRUE」を発表した。App Store/Google Playから無償でダウンロードできる。

 「ColorTRUE」では、タブレットや携帯電話のキャリブレーションとプロファイル作成を行なえ、これらのモバイルデバイスで、より正確なカラーを表示できる。写真家、デザイナー、プリプレス分野のユーザに加え、モバイルデバイスで色を確認したい様々なユーザが使用できる。

 同社の測色装置を使用し、iOSとAndroidのモバイル装置にカスタム・ディスプレイ・プロファイルを作成する。表示される指示に従って測色装置をタブレットまたは携帯電話にセットすることで、自動的に測定が開始される。プロファイルは、同アプリのイメージギャラリーに表示される全イメージに適用され、カラーマネジメントされたデスクトップなどのモニタにより近いカラーでイメージをモバイルデバイスに表示できる。

 確実なカラー表示を行なえる機能“イメージギャラリービューアー”が付属し、カラーマッチングを行なうためのテクノロジー(カラーエンジン)が搭載され、同ビューアーで表示される写真にカラーマネジメントが適用される。環境光の補正では、照明条件やディスプレイの輝度設定を問わずイメージを正確に表示できるほか、プリントシミュレーションでは、異なるプリンタプロファイルとレンダリングインテントを使用してイメージのソフトプルーフを行なえる。

 白色点では、タブレットとデスクトップのカラーマッチングを行なえ、同じ色のイメージを評価できるよう、D65、D50、固有の白色点を選択できる。ICC プロファイルでは、搭載イメージプロファイルを使用できるほか、イメージに適した色空間(sRGB、Adobe RGB、ProPhoto RGB)を選択できる。また、キャリブレーション機能のオン/オフを切り替えることで、イメージの色再現精度の向上を確認できる。

 なお、「ColorTRUE」を使用したモバイルデバイスのキャリブレーションを行なうには、同社製の測定装置(別売)が必要で、iOSの携帯電話とタブレットはColorMunki Smile、ColorMunki Display、i1Display Pro、i1Pro 2をサポートし、Androidの携帯電話とタブレットはColorMunki Display、i1Display Proをサポートする。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他スマートデバイス関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他スマートデバイス関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他スマートデバイス関連」関連の製品

EMMプラットフォーム AirWatch 【データコントロール】 業務用アプリ開発 【フェンリル】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
OS、Android、Windows 10など多様なモバイルデバイスを安心して運用できる統合管理ソリューション。グローバル対応、外部システムとの柔軟な連携など多機能。 企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054221


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ