事例:KMSI、エイゾーコレクションのクライアント仮想化を構築

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:KMSI、エイゾーコレクションのクライアント仮想化を構築


掲載日:2014/03/20


News

 京セラ丸善システムインテグレーション株式会社(KMSI)と株式会社アシストは、アシストが提供するクライアント仮想化製品「Ericom PowerTerm WebConnect」(PTWC)が、株式会社エイゾーコレクションに導入されたことを発表した。

 エイゾーコレクションは、婦人靴専門メーカーの株式会社エイゾーグループの販売会社。

エイゾーコレクションの販売管理システムは、サイズやヒールの高さなど靴特有の複雑な項目を管理する商品管理機能、百貨店の取引形態へ柔軟に対応した販売管理機能、更に売上分析機能も備えたシステムとして運用されてきたという。経営者にとっては経営分析の重要なツールとして、また現場担当者には日々の業務で欠かせないツールとして位置づけられていたが、8年前に購入したハードウェアの老朽化に加え、2014年のWindows XPサポート期限終了が課題となり、再構築が急務となったとしている。

エイゾーコレクションは、同社のシステム構築を担当したKMSIより、同じ機能を持つ販売管理システムを新しいプラットフォーム上で再構築する案と、クライアント仮想化環境に移行して利用継続する案の2つの提案を受け、従来のシステムと同じ品質と使用感を確立することと、移行時ならびに移行後も実務に影響を及ぼさないこと、ハードウェアのリプレースを含めコストを削減できることの3点を決め手としてEricomのPTWCを利用した仮想化案を採用したという。

KMSIは、クライアント/サーバ環境で稼働してきたシステムを2ヵ月でEricomの仮想化環境に移行したとしている。移行後のシステムは、本社・工場拠点にかかわらず、またシステム利用が集中する繁忙期においても、以前と変わらない使用感であるとの評価だと伝えている。

 なお、導入時のシステム提案・構築は、EricomのSIパートナーであるKMSIが担当したと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 働き方改革に全力で取り組む企業のデジタルワークスペース活用術とは 【ヴイエムウェア+他】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 高まるリモートアクセスニーズに応える、新たな「コネクションブローカー」とは 【アシスト】 マルチクラウドサービスの活用による働き方改革のためのベストプラクティス 【ヴイエムウェア+他】
VDI VDI VDI VDI VDI
あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 システムを導入したがごく一部の従業員しか使ってくれない、そんな悩みはないだろうか。システムを入れただけでは駄目となると、成功している企業は何が違うのか。 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
高まるリモートアクセスニーズに応える、新たな「コネクションブローカー」とは マルチクラウドサービスの活用による働き方改革のためのベストプラクティス

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054193


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ