事例:株式会社ベリテ、ウイングアーク1stのBIツールを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:株式会社ベリテ、ウイングアーク1stのBIツールを導入


掲載日:2014/03/17


News

 ウイングアーク1st株式会社は、宝飾品専門小売店チェーンを展開する株式会社ベリテが、経営者に必要な情報を可視化するためのツールとして、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を採用したと発表した。

 ベリテでは、適切な経営判断を行なうための“生きた数字”“見たい数字”といった、経営者が必要とする情報が抽出できないという課題を抱えていたという。代表取締役社長CEOの平野氏が3年前より抱いてきた、“生きた数字を経営に活かす”という思いのもと、DWH「Dr.Sum EA」を導入し、2013年4月に「MotionBoard」を採用したという。

 導入後、平野氏自らが同ツールを使い、予測につながる数字を分析しているという。予測の裏付けとなる仮説に紐づくデータを独自のKPI(指標)として定義し、現場のマネージャーと共有していると伝えている。経営者がKPIを通じて指示を出し、現場がどうやるかを考えて予測数値を明示し進捗をチェックすることにより、仮に予測と実績にずれが生じることがあれば、すぐに次の1手を打つことができるようになったとしている。

 現場にとっても、同ツールの入力機能を通じてフィードバックを行なえるようになったため、従来提出していたレポート作成が不要となり、業務の効率化につながっているという。

 本格運用を始めておよそ半年が経ち、売り上げや客単価が前年同期に比べて伸長していると述べている。

 ベリテでは、膨大なデータの中から効果の出やすいKPIとなる数字を検証するノウハウや、トップダウンでプロジェクトを進め全社に確実に浸透させるノウハウを、今後他社に対してコンサルティングしていく予定だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054112


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ