採用:NJC、開発基盤システムにNECのSDNソリューションを採用

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NJC、開発基盤システムにNECのSDNソリューションを採用


掲載日:2014/03/14


News

 日本事務器株式会社(NJC)は、今後の事業拡大に向け、システム開発環境の構築期間の短縮、効率化を推進するため、新たに開発基盤システムを自社開発するとともに、日本電気株式会社(NEC)の「UNIVERGE PF」シリーズを採用しネットワークのSDN化を可能にしたと発表した。

 「UNIVERGE PF」シリーズは、SDNを可能にする技術であるOpenFlowに対応した製品。単一の物理ネットワーク上に複数の仮想ネットワークを構築できるので、従来ネットワークでのVLAN数の制約に縛られずに、独立した仮想ネットワークを構築できる。

 また、通信経路、統計情報などを、物理ネットワークとVTNの両方で可視化できるほか、ファイアウォールなどのアプライアンス機器をプール化しておき、必要に応じて追加・削除できるため、ネットワークをシンプル化できる。更に、コントローラからネットワークを集中管理することで、機器の追加や構成変更が容易で、障害発生時には、通信経路を自動的に切り替えることができる。

 NJCでは“グループウェアやSFA(Sales Force Automation)などの情報系も含めた社内業務ITシステム”“ユーザへの高付加価値の運用・保守を可能とする社内の開発環境”“ユーザへのサービス提供基盤である同社のクラウド型ITシステム”の3分野を視野に入れ、SDNの利活用を積極的に推進しているという。

 今回、まず取り組んだのが、自社の開発環境への導入で、同社自身が社内でSDNを導入し、ノウハウを習得していると伝えている。

 新たな開発基盤システムは、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアの「CloudStack」を活用し、開発環境の構築自動化や運用管理工数削減を目的に開発したとしている。更に、「UNIVERGE PF」シリーズを開発基盤システムのネットワーク基盤に導入することで、SDNの特長であるネットワークの柔軟な構成変更が可能になり、従来、開発環境構築の際のネットワークリソース払い出しにかかっていた時間を短縮することができると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054087


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ