採用:NESIC、AvePoint製品で情報資産活用などの業務を効率化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NESIC、AvePoint製品で情報資産活用などの業務を効率化


掲載日:2014/03/14


News

 AvePoint Japan株式会社(AvePoint)は、NECネッツエスアイ株式会社(NESIC)が、Microsoft SharePoint Serverを基盤にした情報資産の活用や関連した業務プロセスの効率化を行なうため、IT運用プロセスを自動化するAvePoint製品「DocAve Governance Automation」及び SharePointカスタマイズサービスを採用したことを発表した。

 「Governance Automation」は、数千人から数十万人単位のユーザがいる場合に、ユーザからの多様なサービスリクエストを自動処理しビジネスの加速につなげることを目的とした製品。

 ユーザは、IT部門があらかじめ設定したサービス内容から選んでサービスを要求し、サイトコレクションの作成など、SharePointに対する運用管理的な操作をIT管理者に依頼せずに実行できるほか、処理は自動で行なえるため、手動操作によるヒューマンエラーも防止できる。また、ビジネスオーナーは、各部門の使用状況を見える化し、チャージバック(コスト課金)を実施できる。

 NESICは、NECグループにおけるネットワークを中核とするICTシステムの企画・コンサルティングや設計・構築などのサービスを提供する企業。同社は、統一した情報共有基盤としてMicrosoft SharePoint Server 2010を導入したという。

 同社は、SharePointを使うユーザの利便性と操作性を重視し、“ユーザからのSharePointサービスの要求にIT部門が正確かつ迅速に対応し、運用品質を高いレベルで維持する”“ファイルサーバと変わらない操作性を確保する”という課題に取り組んだとしている。その結果、今回、SharePointサービスの提供プロセスを自動化する「Governance Automation」とAvePointが提供するSharePointのユーザインターフェイスのカスタム開発サービスを採用したとしている。

 同社では、約8000人のユーザによるSharePointの利用を想定し、“ユーザによる申請”“上長・IT部門による承認”“サービスの提供”という一連のプロセスを自動化することで、サービス品質の維持に取り組んだと伝えている。あらかじめIT部門が定めたルールを要求プロセスの過程に組み込むことで、ITガバナンスの全社的な徹底を図ったことに加えて、自動化による業務プロセスの効率化も期待していると述べている。更に、各部門の人員が利用する容量の使用状況を見える化して、部門長による各部門のコスト管理に役立てていく予定だとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法 【ユニリタ】 テクノマーククラウド+ 【ソフトバンク】 AI-Q 【ソフトバンク】 ITサービス管理ソフトウェア WebSAM IT Process Management 【NEC】 IT部門の“ビジネス貢献”を考えると見えてくる「ITSMツール」導入のポイント 【ユニリタ】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法 AI導入で問い合わせ対応はどう変わる? メール殺到でも迅速に回答できる理由 チャットボットが即回答、年中無休の「社内問い合わせ対応」システムの実力は? システム運用で起こる日々の事象を、ITILに基づき管理し、運用の効率化と品質向上を実現するITサービス管理ソフトウェア。ITサービス管理プロセスの効率的な運用を支援。 IT部門の“ビジネス貢献”を考えると見えてくる「ITSMツール」導入のポイント

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054075


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ