アールエムエス、サーバ証明書をCT(透かし入り証明書)に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アールエムエス、サーバ証明書をCT(透かし入り証明書)に対応


掲載日:2014/03/13


News

 株式会社アールエムエスは、代理店として販売しているDigiCertのサーバ証明書を、Googleが発表した“CT”(透かし入り証明書)に対応させた。

 同社では、EV SSLサーバ証明書やEV マルチドメインサーバ証明書、ワイルドカードサーバ証明書、ユニファイド コミュニケーション証明書などを販売している。

 “CT”は、不正に発行された証明書を早期に発見するために、CA(認証局)から正規に発行される証明書の情報をpublic log(ログサーバ)へ登録する仕組み。

 今回の対応により、Chromeブラウザで証明書情報を表示した際に“公開監査が可能です。”と記載されるようになり、サイトの信頼性向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】
認証 認証 認証 認証 認証
私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054066


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ