アールエムエス、サーバ証明書をCT(透かし入り証明書)に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アールエムエス、サーバ証明書をCT(透かし入り証明書)に対応


掲載日:2014/03/13


News

 株式会社アールエムエスは、代理店として販売しているDigiCertのサーバ証明書を、Googleが発表した“CT”(透かし入り証明書)に対応させた。

 同社では、EV SSLサーバ証明書やEV マルチドメインサーバ証明書、ワイルドカードサーバ証明書、ユニファイド コミュニケーション証明書などを販売している。

 “CT”は、不正に発行された証明書を早期に発見するために、CA(認証局)から正規に発行される証明書の情報をpublic log(ログサーバ)へ登録する仕組み。

 今回の対応により、Chromeブラウザで証明書情報を表示した際に“公開監査が可能です。”と記載されるようになり、サイトの信頼性向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 新感覚2要素認証 Mamoru 【ISAO】 AXIOLE 【ネットスプリング】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ユーザーに負担をかけずにセキュリティ強化――認証システムの「次世代型」とは LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054066


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ