NTTデータ、米NTT DATAのインド拠点がCMMI成熟度レベル5を達成

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、米NTT DATAのインド拠点がCMMI成熟度レベル5を達成


掲載日:2014/03/11


News

 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)は、同社の米国子会社である、NTT DATA,Inc.のインド拠点NTT DATA Global Delivery Services Limited(GDS)が、開発のためのCMMI(Capability Maturity Model Integration)version 1.3及びサービスのためのCMMI version 1.3においてCMMIの最高水準となるレベル5を達成したと発表した。

 CMMIは、1999年に米国国防総省の援助のもとカーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所(SEISM)で開発された、システム開発を行なう組織の成熟度を表現したモデルで、現在では防衛関連だけではなく、世界中のシステム開発企業において、プロセス改善を進める際の参照モデルのデファクトスタンダードとして使用されているという。近年はシステム開発だけでなく、ITサービス提供における改善でも利用されるようになってきており、GDSはNTTデータグループ内で初めて、開発とサービスの両方の領域においてCMMIレベル5を達成したこととなると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054009



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ