NTTデータ、米NTT DATAのインド拠点がCMMI成熟度レベル5を達成

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、米NTT DATAのインド拠点がCMMI成熟度レベル5を達成


掲載日:2014/03/11


News

 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)は、同社の米国子会社である、NTT DATA,Inc.のインド拠点NTT DATA Global Delivery Services Limited(GDS)が、開発のためのCMMI(Capability Maturity Model Integration)version 1.3及びサービスのためのCMMI version 1.3においてCMMIの最高水準となるレベル5を達成したと発表した。

 CMMIは、1999年に米国国防総省の援助のもとカーネギーメロン大学ソフトウェア工学研究所(SEISM)で開発された、システム開発を行なう組織の成熟度を表現したモデルで、現在では防衛関連だけではなく、世界中のシステム開発企業において、プロセス改善を進める際の参照モデルのデファクトスタンダードとして使用されているという。近年はシステム開発だけでなく、ITサービス提供における改善でも利用されるようになってきており、GDSはNTTデータグループ内で初めて、開発とサービスの両方の領域においてCMMIレベル5を達成したこととなると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

GRANDIT 【双日システムズ】 Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 【富士通株式会社】 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 【日本ヒューレット・パッカード】
ERP BI 開発ツール その他エンドポイントセキュリティ関連 その他ストレージ関連
基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20054009



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ