エフセキュア、アンチウイルス製品などでAWS上のOSをサポート

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、アンチウイルス製品などでAWS上のOSをサポート


掲載日:2014/03/07


News

 エフセキュア株式会社は、「エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ」「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドラインエディション」で、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上のOSのサポートを開始する。

 今回のサポート開始により、両製品は、オンプレミス/AWSのいずれでも、対応するOS上で利用できるようになった。追加料金は発生しない。

 AWS環境で問題が発生した場合、非AWS環境での問題の再現を依頼する場合がある。AWS環境固有の問題の場合、ユーザのAWS環境での調査を依頼する場合がある。また、AWS環境固有の問題の場合も、可能な限り製品の修正/改善が行なわれる。AWS環境/非AWS環境を問わず発生する問題の場合、通常のサポートが行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? 【コネクトワン】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】 データ保護戦略を立てる上で知っておきたいランサムウェアの5つのタイプ 【Commvault Systems Japan】 2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。 データ保護戦略を立てる上で知っておきたいランサムウェアの5つのタイプ 2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053965


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ