NTT Comなど、仮想サーバなどを米国データセンタでも提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Comなど、仮想サーバなどを米国データセンタでも提供


掲載日:2014/03/07


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)と米国Verioは、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloud(n)」で、シンプルで安価な仮想サーバサービス「Compute(FLATタイプ)」や、サーバへの負荷に応じて自動でリアルタイムに仮想サーバが増減する各種機能のLoad Balancing Advanced(LBA)/Monitoring/Auto Scalingの、米国データセンタでの提供を開始した。

 今回提供されるサービス・機能では、米国市場に対する拡張性の高いECサイトの開設を図れるほか、日米間での分散や冗長化を行なうことで、高信頼サービスの提供を図れ、ユーザのグローバルビジネスの成長を支援する。

 「Compute(FLATタイプ)」は、グローバルIPアドレスが割り振られたインターネットと直接通信できる仮想サーバサービス。Load Balancing Advanced(LBA)/Monitoring/Auto Scalingと組み合わせることで、突発的なアクセスへの対応が求められるWebサイトやコンテンツ配信サービスなどのサービス基盤の運用を、適切なリソースで、効率的に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

クラウドリファレンスキット for AWS 【SCSK】 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 【日本マイクロソフト】 “一人情シス”でも安心、中小企業が目指すべき「次世代ITインフラ」とは? 【ディーネット+他】 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 グローバルIP-VPN/マネージドICT/クラウドサービス 【シンガポールテレコム・ジャパン】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ガイドラインと自動設定ツール、標準運用ツールをセットにしたAWS活用ソリューション。 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 変化に柔軟なITインフラの構築は、大企業よりもむしろ中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際にITインフラを変えるためには、どのような手段があるのか。 日本取引所グループはXTECH時代のITシステムをどう見ているか グローバル展開を迅速化!その企業が頼りにした“クラウド”とは

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053942


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ