採用:NEC、SBVのITインフラ構築プロジェクトを受注

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NEC、SBVのITインフラ構築プロジェクトを受注


掲載日:2014/03/06


News

 日本電気株式会社(NEC)は、NECアジアパシフィックが、ベトナムのソリューションプロバイダMITEC JSCと共同で、ベトナム中央銀行(SBV)のITインフラ構築プロジェクトを受注したと発表した。

 今回の受注は、世界銀行が7183万USドルをかけて推進する“金融セクター近代化情報管理システム”(FSMIMS)プロジェクトの一環だという。同プロジェクトは、SBVのITインフラを強化するもので、総額900万USドルとなっている。

 両社は、SBVの勘定系システムやその他の銀行業務に関するアプリケーションの運用を支援するため、SBVのデータセンタ及びバックアップ用データセンタにサーバ、ミドルウェア、ネットワーク機器、ソフトウェアやデータベースなどを提供するとしている。

 同プロジェクトにより、現行の銀行システムの更新や、国際金融市場との連携に求められるITインフラが整備されるとしている。具体的には、通貨や為替政策を支援するシステムの増強、内部監査のプロセス効率化が可能になるという。また、既存の勘定系システムの運用支援だけでなく、稼働後には、NECベトナムがNECアジアパシフィックとともに、現地スタッフの運用に関するトレーニングなども提供するとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

APIとは何なのか?注目を集めている背景から活用のヒントを探る 【CA Technologies+他】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
自分たちの発想だけで新しいアプリやサービスを生み出すには限界がある。こう考える企業が増えている。カギを握るのは「API」だ。APIとは何なのか? 活用のヒントを探る。 DevOpsの要求に応えられないIT部門を救う“自由に組み替えられる”インフラ ITインフラを簡素化できるとどうなる? コンポーザブル・インフラの要点 必要なリソースを無駄なく割り当て可能 “コンポーザブル”という新概念とは? インフラ調達の苦労とお別れ 雑多なアプリ稼働環境でもOKの次世代インフラ

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053925


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ