スプレッドオフィス、クラウド型経営支援で有料プランの受付開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スプレッドオフィス、クラウド型経営支援で有料プランの受付開始


掲載日:2014/03/05


News

 株式会社スプレッドオフィスは、クラウド型経営支援システム「SpreadOffice」のサービスWebサイトをリニュアルし、有料プランの申込み受付を開始した。ユーザの事業規模に合わせた4つのプランが用意されている。

 「SpreadOffice」では、見積/請求/受発注などのビジネス管理業務をWebブラウザから取引先情報とあわせて一元管理できるほか、各種帳票をPDFやExcelファイルで出力したり、システムに登録した社判の管理を行なえる。また、帳票作成時に登録されたデータを集計し、売上/仕入予測や、入金/出金予測を資金繰り表にリアルタイム反映でき、経営数値をWebブラウザ上で簡単に把握できる。

 消費税率8%改定への対応も、3月中(予定)にシステム側で一括してアップデートを行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【ネットスイート】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】
ERP ERP ERP ERP ERP
クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053904


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ