この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Cloudera、CTCと販売代理店契約を締結


掲載日:2014/03/05


News

 Cloudera株式会社は、Hadoopを活用したビッグデータソリューション「Cloudera Enterprise」の拡販に向け、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)との間で販売代理店契約を締結したことを発表した。

 今回の契約締結により、CTCは「Cloudera Enterprise」の販売を開始するとともに、「Cloudera Enterprise」を導入するユーザに対して、独自の事前検証(PoC)サービス、設計・構築サービス、運用支援サービスの提供を開始するとしている。

 また、CTCでは、2013年10月にサービスを開始したログ分析ソリューションについても、「Cloudera Enterprise」を適用しサービス向上を図るとしている。更に、DWH(Data WareHouse)内に蓄積されるデータ量の増加による処理速度の低下やコストの増大、従来型の基盤では解決が難しい非構造化データの管理などの課題を抱える企業に対して、DWHと「Cloudera Enterprise」の両方を組み合わせたソリューションの開発・提案を行なう予定だと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

脆弱性対策から未知の脅威対策まで、PC管理の課題をまとめて解決する手法とは? 【ハンモック】 どんな標的型攻撃メールでも「偽装」できない弱点がある 【クオリティア】 コンタクトセンターを有効活用し、ビジネス課題の可視化と顧客満足向上を両立 【NTTコミュニケーションズ】 1人情シスも安心の「Windows 10」移行ガイド――準備・実践のコツがすぐ分かる 【日本マイクロソフト】 Windows 10の「WaaSモデル」がアップデート環境を変える、その4つの要点を解説 【日本マイクロソフト】
IT資産管理 メールセキュリティ コールセンター/CTI ノートパソコン ノートパソコン
脆弱性対策から未知の脅威対策まで、PC管理の課題をまとめて解決する手法とは? 日本年金機構や大手旅行代理店で発生した個人情報漏えい事故は、巧妙に偽装されたメールから始まった。人間の目を欺く標的型攻撃メールを見抜くには? コンタクトセンターを有効活用し、ビジネス課題の可視化と顧客満足向上を両立 1人情シスも安心の「Windows 10」移行ガイド――準備・実践のコツがすぐ分かる Windows 10の「WaaSモデル」がアップデート環境を変える、その4つの要点を解説
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053893



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ