サードウェーブデジノス、WS向けCPU搭載のデスクトップPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、WS向けCPU搭載のデスクトップPCを発売


掲載日:2014/02/28


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、優れた演算能力を備えたワークステーション(WS)向け8コアCPU「Xeon E5-2687W v2」プロセッサと、データセンタ向け高速・高耐久SSD「Intel SSD 910」を組み合わせ、Adobe After Effectsなどを使用した高度なデジタル映像制作も快適に行なえる高性能デスクトップPC「Raytrek XE-Ae」をクリエイター向け「Raytrek」シリーズに追加し、発売した。価格は99万9980円(税込)。

 「Raytrek XE-Ae」は、Xeon E5-2687W v2プロセッサを搭載し、プロフェッショナルの映像制作で多用される高度なエフェクト処理も効率的に行なえる上、プロフェッショナル向けグラフィックスカード「NVIDIA Quadro K4000」を組み合わせ、高いOpenCL性能が求められる作業も軽快に行なえる。また、「Intel SSD 910」シリーズの800GBモデルを標準で搭載し、Adobe After Effectsなどのアプリケーションの操作に精通したプロフェッショナルのスピーディな作業に追従できる読み書き速度と、業務での酷使に耐える優れた耐久性を両立している。OSやアプリケーション用のSSDには別途、安定性に優れた「Intel SSD 530」シリーズを搭載しているため、「910」シリーズの広大な800GBの高速ストレージを、作業用としてフル活用できる。

 パーツ選びから組立、出荷までにこだわっていて、Century Micro製メモリや、AcBel製の高品質電源、長時間連続負荷時でもCPUの過熱を防止する大型静音タイプのCPUクーラーなどのパーツを、国内の工場で専任のスタッフが組み立て、厳密な出荷前チェックを経て出荷される。

 メインメモリ容量を増量してキャッシュを保存するAdobe After Effectsをより快適に使用できるようにカスタマイズできるほか、長時間連続処理での電力消費を抑える80 PLUS PLUTINUM認証の高効率電源への変更や、データ保存用の大容量HDD、バックアップ用途に利用できるブルーレイドライブの追加など、様々なカスタマイズメニューが用意されている。また、液晶モニタやマウス・キーボードなどの周辺機器に加え、LANケーブルやUSBケーブルなど各種サプライ品も本体と同時に購入でき、別途購入する手間を省け、届き次第、スムーズに導入できる。


出荷日・発売日 2014年2月27日 発売
価格 99万9980円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053833


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ