マイクロソフト、ExcelとOffice 365で手軽にデータ分析可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、ExcelとOffice 365で手軽にデータ分析可能に


掲載日:2014/02/27


News

 日本マイクロソフト株式会社(マイクロソフト)は、ExcelとOffice 365のインターフェースで、手軽で高度なデータ分析環境を提供する「Power BI for Office 365」の提供を開始した。

 「Power BI for Office 365」では、Excelのデータ分析機能を強化することで、Excelのインターフェースを通じて手軽にデータを活用できる。また、Office 365の各クラウドサービスを利用することで、チームでのスムーズな情報共有などを行なえる。

 Office 365 Enterpriseのユーザは、追加ライセンスの購入不要で、「Power BI」向けに強化されたExcelアドインを利用できる。更に「Power BI for Office 365」を利用することで、Office 365上のBIポータルや自然言語での検索、モバイルデバイス対応を利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 人気ゲームの作り方、データドリブンの開発でファンを獲得 【クリックテック・ジャパン】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI BI BI
『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
データに裏付けられたゲーム開発 SEGAはどうやって高速PDCAを回したのか 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053807


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ