提携:東芝とNTT Com、グローバルクラウド事業において協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:東芝とNTT Com、グローバルクラウド事業において協業


掲載日:2014/02/27


News

 株式会社東芝とエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、ビッグデータ時代の顧客ニーズに対応するため、グローバルクラウド事業において協業し、双方の事業強化を図ると発表した。

 東芝は、今回世界150拠点以上のデータセンタと、196ヵ国・地域をカバーするネットワークに直結する「Bizホスティング Enterprise Cloud」を展開するNTT Comと協業することで、グローバルに事業を展開する企業へのサービス提供ができるようになるという。これにより、顧客企業が海外で新規事業を立ち上げた際にも、同サービスを通じて場所を問わず共通のクラウド・ネットワーク環境を利用し、東芝が展開するサービスを活用することができる。既に東芝ではグループ内で同サービスの試行導入を開始しており、4月から北米・アジアを皮切りに社外にも提供する計画で、今後欧州地域にも展開してくという。

 NTT Comは、「Bizホスティング Enterprise Cloud」の一部に東芝製ストレージシステムを既に導入し、高性能・高品質を求めるストレージサービスを確立したとしている。今後もクラウドサービス強化に向け、東芝のストレージ新技術やストレージサービスの活用を進めていくと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 【ディーアールエス】 企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体 【ジェイズ・コミュニケーション】 「デジタルトランスフォーメーション」で激変、企業とITの関係は? 【ネットワンシステムズ】 ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは? 【ネイチャーインサイト】
ファイアウォール IT資産管理 その他ネットワークセキュリティ関連 垂直統合型システム ソーシャルメディア分析
通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体 「デジタルトランスフォーメーション」の掛け声の下、ITの活用に取り組む企業が増えている。その中で、企業とITパートナーの協力体制はどう変わるのか。識者に聞いた。 ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053795



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ