富士通、Azureベースのパブリッククラウドをリニュアルし提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、Azureベースのパブリッククラウドをリニュアルし提供


掲載日:2014/02/26


News

 富士通株式会社は、マイクロソフト コーポレーション(マイクロソフト)との新しいアライアンスで、従来のWindows Azureをベースにしたパブリッククラウドをリニュアルした「FUJITSU Cloud PaaS A5 for Windows Azure」の提供を開始した。価格は1時間2円から。

 「A5 for Windows Azure」では、Windows Azureベースのパブリッククラウドを、マイクロソフトが日本に開設するデータセンタにサービス環境を移設する。これにより、Windows Azureの最新機能を、マイクロソフトと同一価格で利用できるほか、富士通が従来から提供している24時間365日の日本語サポートやWindows Azure対応ソフトウェア、「A5 for Windows Azure」上で稼働するアプリケーションサービス、データバックアップ、運用監視サービスなど、24種類の付加価値サービスも継続して利用できる。

 また同社は、「A5 for Windows Azure」を、クラウドに関する製品・サービス群を体系化した「FUJITSU Cloud Initiative」のパブリッククラウドサービスに位置づけ、ハイブリッドクラウドに関してもワンストップで構築する。


出荷日・発売日 −−−
価格 1時間2円〜

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 【F5ネットワークスジャパン】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 企業のクラウド移行のハードルは大き下がった「次世代IaaS」とは アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける? パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053789


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ