PSTC、名刺認識OCR開発ツールキットの新版で認識精度などを向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、名刺認識OCR開発ツールキットの新版で認識精度などを向上


掲載日:2014/02/26


News

 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、ソフトウェア開発者向けに、日本語活字OCRソフトウェア用の開発ツールキット(OCRエンジン)「名刺認識ライブラリーVer.3」の提供を開始した。

 「名刺認識ライブラリー」では、名刺内の文字画像を読み取って文字コードへ変換し、名前/会社名/住所などの各項目に自動振り分けできる。

 今回の「Ver.3」では、日本語認識ロジックが強化されたほか、すべての第2水準漢字(3388文字)に対応した。“自動台形補正”技術を用いて、カメラ撮影画像の歪みを補正できる。また、iOS/Androidにも対応し、スマートフォン向けアプリケーションにも組み込めるようになった。

 価格は、「名刺認識ライブラリー Ver.3」「名刺認識ライブラリー Ver.3 for iOS」「名刺認識ライブラリー Ver.3 for Android」がそれぞれ55万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 55万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する? 【CA Technologies】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは? 【日本アイ・ビー・エム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 マイクロサービス化でアプリ開発を加速――Web APIの課題はどう解消する? PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053786


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ