ASUS、21.5型/23.8型のゼロクライアントモニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ASUS、21.5型/23.8型のゼロクライアントモニタを発売


掲載日:2014/02/26


News

 ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)は、更なる高セキュリティ環境を備えたゼロクライアントモニタ「CP220 Zero Client Monitor」(21.5インチ)と「CP240 Zero Client Monitor」(23.8インチ)を法人向けに限定発売した。価格はオープン価格。

 「CP220 Zero Client Monitor」「CP240 Zero Client Monitor」は、高速な画面転送プロトコル“PCoIP”をサポートするVMwareのデスクトップ仮想化ソリューションに対応したゼロクライアントモニタ。OS/CPU/HDD/冷却ファン/アプリケーション非搭載で、サーバ上で情報を処理するため、データの不正コピーや情報漏洩、ウイルスやスパイウェア感染、ハードウェア障害といった、様々なリスクの軽減を図れる。一般企業に加え、官公庁/病院/金融機関など、高いセキュリティが求められる環境への導入に適している。

 チップは、Teradici TERA2321を搭載し、従来のTeradici製チップに比べ約5倍の画面転送スピードを達成しているほか、“PCoIP”に対応し、高解像度画像や動画、3Dデータを表示する際も、物理デスクトップ環境に匹敵するパフォーマンスを備えている。液晶ディスプレイはフルHD(1920×1080ドット)で、「CP240」はIPS方式、「CP220」はTN方式を採用し、広視野角で鮮やかにコンテンツを表示できる。また、液晶ディスプレイは高さ(0〜110mm)/チルト調節(上20度〜下5度)に加え、90度右回転させて縦型でも使用できるピボット機能や、左右の角度調整を行なえるスウィーベル機能(左右160度)にも対応し、用途に合わせて調整でき、作業効率の向上を図れる。

 液晶ディスプレイ一体型なので、オフィスに加え、窓口や受付カウンターなど狭いスペースでも設置でき、スペースを有効活用できる。VESA規格(100mm×100mm)に対応し、会議室の壁などにも設置できる。また、水銀非含有のLEDバックライトパネルを採用し、80%以上リサイクルできる素材を使用しているほか、ファンやHDDも非搭載なので、通常に比べ低消費電力/低発熱を達成できる。


出荷日・発売日 2014年2月25日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント シンクライアント
ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053781


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ