ラリタン、1080p/30fps対応のKVM-over-IP製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラリタン、1080p/30fps対応のKVM-over-IP製品を出荷


掲載日:2014/02/25


News

 ラリタン・ジャパン株式会社(ラリタン)は、KVM-over-IP製品の次世代モデル「Dominion KX III」の出荷を3月中旬に開始する。

 「Dominion KX III」は、高性能CPUと強化されたビデオ圧縮アルゴリズムを採用し、高パフォーマンスなリモートビデオ品質を達成していて、場所を問わずリモート作業を行なえるため、効率向上とともに実際に機器のある場所に移動する時間とコストの節約を図れる。また、放送・メディア・エンターテインメント業界では、ビデオ・オーディオを多用するアプリケーションもサポートする。

 ビデオ処理エンジンは、従来のリモートサーバへのアクセス制御機能に加え、1920×1080ドットの解像度、24ビットカラー、デジタルオーディオ、デュアルモニタが求められるダイナミックブロードキャストアプリケーションまでサポートできる。また、ストリーミングビデオ機能は、IPネットワーク上で毎秒30フレーム表示できるよう1080pビデオ(音声付き)にも対応している。

 優れたビデオ処理機能を備え、様々なアプリケーションをサポートする。例えば、放送業界でのHDビデオやアニメーション、HD画像、デジタルオーディオのレビューをサポートするほか、政府や国家の安全保障に関わる組織向けには、ストリーミングビデオやその他ダイナミックアプリケーションを使用したビデオ再生をサポートする。金融・科学・運輸・工業・電力会社でのダイナミックな高品質ビデオが求められる用途もサポートする。

 1920×1080ドットでフルHDのアナログ・デジタルビデオに対応し、HD映像を1秒あたり最高30フレームで伝送できる。BIOSレベルのリモートアクセスと制御を行なえ、全モデルが仮想メディア機能に対応している。AES(Advanced Encryption Standard)、FIPS140-2暗号化モジュール対応のセキュリティを備えている。

 IPv4/IPv6デュアルスタックに対応しているほか、2重化電源や自動フェイルオーバーを装備した強固な信頼性を備えている。デジタル・アナログビデオともに対応している。また、同社のリモート電源管理製品(PDU)に接続されたサーバの電源リモート制御を行なえるほか、同社のCommandCenter Secure Gatewayと組み合わせることで、統合管理とiPhone/iPadを利用したモバイルアクセスを行なえる。


出荷日・発売日 2014年3月中旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053732


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ