もしもしホットライン、コールセンタなどでSMS送受信も可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


もしもしホットライン、コールセンタなどでSMS送受信も可能に


掲載日:2014/02/21


News

 株式会社もしもしホットラインは、AOSテクノロジーズ株式会社のSMS(Short Message Service)「AOSSMS」を採用し、「コールセンター+SMSパッケージ」のサービス提供を開始した。

 「AOSSMS」は、au端末へURLや電話番号情報を配信したり、海外SMSブロックユーザへ配信できるほか、携帯端末までのメッセージ到達状況取得機能にも対応できる。顧客からコールセンタへのSMS受信機能が装備され、アンケートやキャンペーン応募など双方向のコミュニケーションも行なえる。

 今回提供される「コールセンター+SMSパッケージ」は、コールセンタでの対応に加え、「AOSSMS」の機能を利用して文字情報やURL情報などを配信することで、詳細な情報を顧客に案内できるサービス。顧客の電話番号を取得することで配信でき、コールセンタの負荷軽減や稼働率の向上を図れる。

 また、SMSでクーポンを配信するなどのキャンペーンにも活用でき、通信販売などのコールセンタや、アウトバウンドセンタと組み合わせることで、受注率の向上も図れる。

 例えば、通信販売の受注センタやアウトバウンドセンタなどでは、商品購入前に問い合わせがあった顧客や、定期購買を検討中の顧客などに対し、携帯番号を聴取することでSMSを利用してキャンペーン情報/クーポン/商品詳細情報などを配信できる。電話応対中/直後に、適切なタイミングで“お得な情報”を配信することで、受注率の向上やアップセル/クロスセルなどの施策に利用できる。

 視覚的な情報なども送信できる。顧客からの問い合わせに対して詳細情報の掲載されたURLなどを送信してWebサイトへ誘導したり、コールセンタでの対応/受付内容を通話後に顧客に送信できる。

 PBX(IVR:音声による自動応答を行えるシステム)とAPI連携することで、一時的に入電数が殺到した際に、URLを送信してインターネット注文のページへ誘導したり、定型的な問い合わせに対してはSMSで回答を送信するなど、コールセンタへの負荷の軽減を図れる。顧客からSMSで送信されたキーワードを識別して、該当情報を自動的に返信するセルフサービスにも利用できる。

 価格は、初期費用が30万円から、ランニング費用はSMS配信数による従量課金制で3万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053701


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ