ミラクル・リナックス、大規模システム向け統合監視サーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミラクル・リナックス、大規模システム向け統合監視サーバを発売


掲載日:2014/02/19


News

 ミラクル・リナックス株式会社は、企業向け統合監視サーバの新しいラインアップで、Zabbix 2.0に対応した大規模システム向け「MIRACLE ZBX8200」を発売した。価格はオープン価格。

 「MIRACLE ZBX8200」には、MIRACLE ZBXを利用して監視を効率化できるオプション製品「設定バックアップオプション」「監視データ出力オプション」と「PRIMERGY監視テンプレート」が無償でバンドルされる。

 厳格な設計品質と出荷テストが行なわれる富士通製の高品質PCサーバ「PRIMERGY RX200 S8」が採用され、ハードウェアごとに自サーバ監視とチューニングが行なわれ、負荷試験や長期利用を想定したランニング試験に基づいて、同サーバでの適切なパラメータ値が検証され設定されている。また、DBにMySQL 5.5を採用したことで、DBの性能とCPUのスケーラビリティが向上しているほか、テーブルパーティショニングで分割されたデータを操作することで扱うデータ量を限定し、処理の高速化を図れる。

 「設定バックアップオプション」「監視データ出力オプション」「MIRACLE System Savior」を収録したリカバリディスクが標準バンドルされ、設定データのバックアップ/リストアや、監視データをCSV出力することで、データの活用や長期保存、ハードウェア交換時の初期化を行なえ、Zabbixサーバの目標復旧時間(RTO)と目標復旧時点(RPO)の短縮を図れる。また、CLUSTERPROを採用し、プロセス障害を自動で復旧できるシングル構成や、ハードウェア障害にも対応できるクラスタ構成で障害発生時も監視サービスを継続できる。

 安定したバージョンの供給と長期サポート提供への要望に対応し、アプライアンスのハードウェア保守期間に合わせて、最長10年のMIRACLE ZBXサポートが提供される。


出荷日・発売日 2014年2月18日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには? 【イーツ】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【NTTテクノクロス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
IoT技術で現場の事故発生を迅速把握――人の目に変わるIoTの活用とは まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには? システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053672


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ