東芝、NECと国際通信規格対応の通信ユニットを開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、NECと国際通信規格対応の通信ユニットを開発


掲載日:2014/02/17


News

 株式会社東芝と日本電気株式会社(NEC)は、スマートメーターとHEMS関連機器間の通信に用いられる国際通信規格“Wi-SUN Profile for ECHONET Lite”の認証を取得した通信ユニットを開発したと発表した。

 同ユニットは、4月から東京電力株式会社(東電)管内に設置されるスマートメーターに内蔵され、HEMS関連機器との高度な接続性を可能にするという。

 “Wi-SUN Profile for ECHONET Lite”は、Wi-SUNアライアンスが策定した920MHz帯特定小電力無線向けの国際通信規格で、東電管内のスマートメーターと宅内の通信ルートに採用される予定だとしている。同ユニットは同規格に対応したことで、スマートメーターとHEMS関連機器間の通信を安全かつ安定化し、相互接続性を確保するとともに、正確な電力使用量データの送信を可能にする。将来的には、スマートメーターから提供される電力使用量データに対応して、HEMS、家電などの宅内機器が連携する効率的なエネルギー管理もできるようになると伝えている。

 東芝とNECは、今回認証を取得した“Wi-SUN profile for ECHONET Lite”規格を基本とする通信方式を活用することで、高度なエネルギー管理を可能とするアプリケーションの開発を進めるとしている。また、スマートメーターとHEMS関連機器の連携による新たなサービスの創出を図り、需要家の幅広いニーズに対応するとともに、消費電力削減を支援していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053621



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ