東芝、独自BIOS搭載のクライアント管理ソリューションを受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、独自BIOS搭載のクライアント管理ソリューションを受注開始


掲載日:2014/02/17


News

 株式会社東芝は、企業向けノートPCに高度なクライアント運用管理を付加できるソリューション、「東芝スマートクライアントマネージャーV2(TSCM V2)」と「東芝スマートクライアントマネージャーfor MDM(TSCM for MDM)」の受注を開始した。

 今回の新製品は、独自開発のBIOSに搭載した“センサーマネージメント技術”や“セキュア通信技術”などを応用し、IBM Endpoint Manager(IEM)を組合せることで製品化されている。

 「TSCM V2」では、従来のPC起動制御やセキュリティパッチ配布などのセキュリティ機能や、省エネ対策の効果判定に適した電力消費量の見える化といったクライアント管理機能に加え、“HDD故障予兆検知機能(HDDステータス機能)”が追加されている。PCのHDD自己診断情報を定期的に収集・蓄積し、同社のビッグデータ解析アルゴリズムを利用して、HDD故障リスクのあるPCを自動検出して管理者に通知する。PC管理者は、検出されたHDDに対して、データバックアップなどの対処を行なえるため、重要なデータの消失を未然に防止できる上、HDDトラブルに対処する作業的・時間的な負担の軽減も図れる。

 「TSCM for MDM」は、Androidタブレットに対してインベントリー情報の収集やパッチ・アプリケーション配布などの基本管理機能を提供する。独自改良されたAndroidを搭載している同社のタブレット「REGZA Tablet」と「TSCM for MDM」を組み合わせることで、アプリケーションや拡張インターフェースの利用状況などの利用環境情報をタブレット自らが監視・制御し、アプリケーションのインストールや起動の制限、USB/Bluetoothといった拡張インターフェースの利用制限といった高度な情報漏洩対策を行なえる。

 “HDD故障予兆検知機能”が追加された「TSCM V2」と、タブレット含めたセキュリティ制御を行なえる「TSCM for MDM」を利用することで、IT管理者は、クライアント運用管理の効率化を図れるほか、Androidタブレットに対しても、高度なセキュリティ管理を利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 【インフォアジャパン】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド 【インフォアジャパン】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立 【インフォアジャパン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
モバイル対応で過去の資産もムダにしない、資産管理システムの生かし方 Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 設備・資産の管理、フレームワーク「PAS55」導入で得られるベネフィット どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。 難しい国際基準への準拠を成功に導くには? アセットマネジメント、導入の勘所

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053613


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ