I-Oデータ、高信頼HDDを搭載したビジネスNASに16TBモデルを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、高信頼HDDを搭載したビジネスNASに16TBモデルを追加


掲載日:2014/02/14


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、ビジネスNASの4ドライブモデル「HDL-Z4WSC」シリーズに、16TBモデル「HDL-Z4WS16C」を追加し、出荷を2月下旬(予定)に開始する。価格は31万円。

 「HDL-Z4WS16C」は、Western DigitalのNAS用高信頼HDD「WD Red」を搭載し、24時間/常時稼働が前提のNAS運用で課題になりやすい熱/振動への対策や、電力消費の改善が行なわれていて、3年保証が付帯している。

 NASにインストールして使用することを想定して作られた「Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup Edition」OSを搭載し、Windowsサーバ環境との親和性が高いため、既存のサーバ環境に容易に追加/運用できるほか、低コストで手軽にファイルサーバを導入できる。

 CPUにAtomデュアルコアプロセッサ、メモリを4GB搭載し、複数利用者からの同時アクセスにも強いほか、バックアップソフトやウイルス対策ソフトをインストールした際もスムーズに動作できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 31万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 【日商エレクトロニクス】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053606


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ