日本エイサー、LED光源搭載モバイルプロジェクタなど4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本エイサー、LED光源搭載モバイルプロジェクタなど4機種を発売


掲載日:2014/02/14


News

 日本エイサー株式会社は、DLPプロジェクタ「K335」「P1283」「P1383W」「X113」を発売した。価格はオープン価格。

 LEDモバイルプロジェクタ「K335」は、B5用紙よりも小さい232mm×166mm×46.3mm/1.3kgのモバイルサイズの筐体に、1000ルーメンの高輝度LED光源を搭載していて、照明の点いた部屋でも鮮明な映像を投写できる。SD/SDHCカードリーダと、USBメモリリーダ(USB typeA)を搭載し、PCや再生機器不要で、メモリ内のデータを直接投写できるほか、PCをUSBケーブルで接続して投写できるUSBディスプレイ機能を搭載している。2GBメモリを内蔵し、PCから伝送したメモリ内のデータをプロジェクタ単体で投写できる。

 WXGAモデル「P1383W」は3100ルーメン、XGAモデル「P1283」は3000ルーメンの高輝度光源を搭載し、明るい部屋でも鮮明な映像を投写できる。“シールドエンジン設計”を採用し、重要パーツ部分にはダストシールドを設けて密閉性を向上させ、吸気・排気のエアフロー効率を向上する内部構造にすることで、熱と埃の両面の問題に対処している。

 「K335」「P1383W」「P1283」は、MHL(Mobile High-definition Link)に対応し、MHL対応スマートフォンを接続して映像を投写できる。映像を伝送しながら、電力も供給するため、バッテリ消耗にも対処できる。また、各種3D方式に対応するHDMI ver1.4a端子を搭載している。

 SVGAモデル「X113」は、コストパフォーマンスの高いビジネスエントリーモデルで、輝度2800ルーメン、最大コントラスト比1万3000:1で、鮮明な映像を投写できる。また、“シールドエンジン設計”を採用し、熱と埃の両面の問題に対処している。

 4機種とも、“インスタント・パック”機能を搭載し、電源が点いたまま電源ケーブルを抜いて、電源を切れるほか、“インスタント・レジューム”を搭載し、電源を落としてから2分以内なら、何度でも電源のオン/オフを行なえ、アイドリング運転の終了を待たずに投写を再開できる。


出荷日・発売日 2014年2月14日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053604


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ