DDS、スモールオフィス向け指紋認証アプライアンスの受注を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DDS、スモールオフィス向け指紋認証アプライアンスの受注を開始


掲載日:2014/02/14


News

 株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は、ぷらっとホーム株式会社と共同開発した、スモールオフィス向けの指紋認証アプライアンス「EVE FA Standalone Sync Appliance」の受注を開始した。価格はオープン価格。

 「EVE FA Standalone Sync Appliance」では、簡易シングルサインオン機能付き指紋認証ソフトウェア「EVE FA Standalone Edition」の同アプライアンス向けエディション「EVE FA Standalone Sync Edition」を利用することで、PCを利用する際の、Windowsログオンやアプリケーションへのログオンなど、様々なログオン時に、指紋認証を利用した安全で簡単なログオンを行なえる。

 Sync Serverのハードウェアは、ぷらっとホーム製の小型サーバを採用し、1台の端末で指紋やユーザ情報などを登録することで、ネットワーク内の別端末と自動同期できるほか、認証ログも閲覧できるなど、セキュアな指紋認証をオフィス内で簡単に利用できる。

 定期的なパスワード変更や、複雑なパスワードの入力といった、手間のかかるパスワード運用を回避できる。指紋認証に置き換えたいWebサイトや業務アプリケーションはドラッグ&ドロップで簡単に登録できるほか、ユーザ/指紋/対象アプリケーションの情報が自動で同期されるため、利用者は1度登録することで、オフィス内の全端末で指紋認証を利用できる。

 別途大型なサーバの配置不要で、オフィス内の認証ログを収集/閲覧できる。指紋認証には“ユーザ登録率100%”の高性能なアルゴリズムを採用している。また、アプライアンスのベースに、ぷらっとホームの小型/ファンレス/スピンドルレスのハードウェアを採用し、周辺温度50度でも運用できる空調不要の堅牢設計で、オフィススペースや店舗、工場など場所を問わずに設置できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】
認証 認証 認証 認証 認証
ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053584


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ