GMOクラウドWEST、企業のクラウド導入支援をパッケージで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOクラウドWEST、企業のクラウド導入支援をパッケージで提供


掲載日:2014/02/13


News

 GMOクラウドWEST株式会社は、ホスティングサービスブランド“WADAX”で、企業利用に適したプライベートクラウドサービスを分かりやすいプランで導入できる「WADAXプライベートクラウド」の提供を開始した。

 「WADAXプライベートクラウド」では、サーバ環境(仮想サーバ)のゲストOSとして、LinuxやWindowsなどのOSを用意することで、最短1営業日で納品できるため、スピーディにシステム構築や自社設備からのデータ移行を開始できる。

 プライベートクラウドの基盤は、仮想化用ソフトウェアのVMwareを利用したハイパーバイザー型(2台)とストレージで構成された仮想環境で、インターネット回線やグローバルIPアドレス、ハイアベイラビリティ構成などがパッケージ化されて一括提供される。ゲストOSの設定や仮想サーバ(VM)の新規作成は、仮想環境ハイパーバイザー管理画面(VMware vCloud Director)から自由にセットアップできる。

 専任のサーバ管理者が不在の企業でもプライベートクラウドを導入できるよう、WADAXマネージドサービスが提供され、同サービスを利用することで、人員不足や人材コスト増の解消を図れ、サーバ運用以外の業務に専念できる。また、専用サーバサービス「WADAX専用サーバー」とのハイブリッド構成にすることで、クラウドの拡張性と専用サーバの機密性を兼ね備えた環境を構築でき、システムの拡張や効率的なシステム運用を図れる。

 サーバへの攻撃を24時間監視するセコムトラストシステムズの「セコム不正侵入検知IPS/DDoS」を標準搭載していて、ネットワークシステム環境に応じて、大規模なDDoS攻撃や各種の不正アクセスを対象にした運用ポリシーを作成し、事象インシデント発生時には、即座に“防御”できると同時に、状況に応じてGMOクラウドWESTから連絡が行なわれるため、システム管理者の負荷低減を図れる。

 国立情報学研究所が運営している学術情報ネットワーク(SINET4)や、地方公共団体を相互に接続た総合行政ネットワーク(LGWAN)との接続も有償で利用できるため、“学術クラウド”や“自治体クラウド”として学校や研究機関、地方公共団体でのプライベートクラウド運用にも適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053573


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ