ハンモック、IT統合管理ソフトウェアの新バージョンを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンモック、IT統合管理ソフトウェアの新バージョンを出荷


掲載日:2014/02/12


News

 株式会社ハンモックは、IT統合管理ソフトウェア「AssetView PLATINUM」の新バージョン「Ver.6.2」の出荷を2月14日に開始する。

 「AssetView」シリーズは、企業や官公庁・自治体で管理するIT資産の“セキュリティ対策”“コンプライアンスへの対応”“コスト削減”を図る運用管理業務を支援する。今回の新バージョンでは、新OSへの対応や、Mac OSの操作ログ・デバイス制御、メッセージ配信、マルチキャスト配布、WSUS連携、取得情報の拡張、管理コンソールの使い勝手向上など、運用性の向上が図られている。

 Windows 8.1 Enterprise/ProとWindows Server 2012 R2に対応した。「AssetView PLATINUM M/G」では、操作ログ収集やデバイス制御の対象にMac OSが追加され、WindowsとMac OS両方の情報管理・制御を効率的に行なえる。

 管理コンソールからクライアントPCに対して、時刻・曜日を指定したメッセージ配信を行なえ、業務運用上の告知などを利用者に対して通知できる。また、「AssetView PLATINUM D」では、ネットワークに負荷を与えない通信の仕組みを搭載し、ネットワーク回線が細い環境でもネットワーク負荷を抑えたファイルやアプリケーションのマルチキャスト配布を行なえるほか、WSUS連携で、Windowsパッチ適用の実施タイミングを自在にコントロールできるため、アクセスが集中しない時間帯や即時にWindows Updateを実行でき、柔軟な運用を支援する。

 「AssetView PLATINUM M」では、掲示板・Webメール・ソーシャルメディアなどへの書き込みや、FTPサーバにアップロードされたファイルの情報内容を取得できるほか、操作履歴の検索条件に名前をつけて保存でき、任意の操作履歴ログにマーキングして確認済みのチェックをするなど、ログを確認する際の使い勝手が向上している。

 「AssetView PLATINUM V」では、利用者が使いやすいインターフェースで多数の機能が追加された。オフラインPCも管理できるようにパターンファイルのインポート・エクスポート機能が追加されたほか、ファイル・フォルダ・ドライブを問わず右クリックメニューからの即時ファイルスキャン実施や、HTTP通信をモニタリングして脅威を検知するWebモニタなどが追加された。また、「AssetView PLATINUM A」では、AutoCAD製品の情報取得範囲が拡張され、効率的なライセンス管理を支援する。


出荷日・発売日 2014年2月14日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス 【イーツ】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053552


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ