Check Point、アジア太平洋等地域のバイス・プレジデントを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Check Point、アジア太平洋等地域のバイス・プレジデントを発表


掲載日:2014/02/12


News

 イスラエルCheck Point Software Technologies Ltd.(Check Point)は、スティーブ・マックワーター氏がアジア太平洋・中東・アフリカ地域のセールス担当バイス・プレジデントに就任したと発表した。

 マックワーター氏は、20年以上にわたりセキュリティ業界に従事し、Check Pointへ入社以前には、Salesforce.comやHewlett-Packard、IBMでセールス担当の上級管理職を歴任したと伝えている。

 今後は、シンガポールを拠点に、同社のプレジデントであるアムノン・バーレブ氏の直属となり、アジア太平洋・中東・アフリカ地域における市場及び事業の拡大を統括し、同地域の戦略、組織編成、事業計画の策定を担当することになるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 【トレンドマイクロ】 2018年セキュリティ脅威予測:サイバー犯罪者が次に狙う「企業の弱点」は? 【トレンドマイクロ】 アプリケーション開発を加速するPaaS、利用企業の利益はどれだけ増えたのか? 【Pivotal ジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 「攻殻機動隊 S.A.C.」×Cisco──理想の働き方の実現のために何ができるか? 【シスコシステムズ合同会社】
メールセキュリティ 検疫 開発ツール 暗号化 テレビ会議/ビデオ会議
被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 2018年セキュリティ脅威予測:サイバー犯罪者が次に狙う「企業の弱点」は? アプリケーション開発を加速するPaaS、利用企業の利益はどれだけ増えたのか? ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
「攻殻機動隊 S.A.C.」×Cisco──理想の働き方の実現のために何ができるか?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053532



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ