採用:熊本ソフトウェア、職業訓練にAdobe Creative Cloud導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:熊本ソフトウェア、職業訓練にAdobe Creative Cloud導入


掲載日:2014/02/07


News

 アドビシステムズ株式会社(アドビ)は、熊本ソフトウェア株式会社が運営する“身体障害者ソフトウェア開発訓練センター”が、同センタの訓練課程向けに「Adobe Creative Cloud」グループ版を導入したことを発表した。

 “身体障害者ソフトウェア開発訓練センター”は、熊本県立高等技術専門校からの委託を受け、1学年10名に就職を目標とする訓練を実施している。同センタでは、その過程の1つである“ウェブ・クリエーター グループ”において従来からアドビ製品を導入してDTPとWebデザインの教育を行なっているという。

 同センタでは、これまで新製品が出るたびにバージョンアップを行ない、常に最新版を利用していたが、ライセンスとインストール済みPCの紐付けは台帳で管理していたため、資産管理が煩雑化していたと伝えている。

 また、予算の都合上、すべてのPCを一斉にバージョンアップすることは困難で、一部のPCから段階的にバージョンアップしていたため、ライセンス数の集計や費用計算から申請に至るまで予算に関係する業務により通常業務が圧迫されていたほか、複数のバージョンが混在していたことにより、訓練環境においても利便性を欠いていたとしている。

 同製品のグループ版を導入したことにより、同センタはライセンス管理の効率化、予算申請のシンプル化と負担の軽減、常に最新バージョンを利用できる訓練環境の提供を可能にしたと伝えている。

 更に同製品は、アドビが提供するすべてのクリエイティブ製品が使えるため、訓練生はこれまで使っていなかったWeb以外の製品にもチャレンジできるようになり、学習意欲の向上にもつながったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053483


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ