提携:オージス総研、イスラエルHIHと業務提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:オージス総研、イスラエルHIHと業務提携


掲載日:2014/02/07


News

 株式会社オージス総研は、イスラエルのコンサルティング企業Harel-Hertz Investment House Ltd.(HIH)と、イスラエルで開発されたIT製品・技術の日本への展開を目指して業務提携したと発表した。

 オージス総研によると、イスラエルにはMicrosoftやGoogleなどの研究開発拠点がありIT企業も多く、“第2のシリコンバレー”と呼ばれている。HIHは1994年にイスラエルで設立され、企業戦略や事業開発及び日本とイスラエル間のビジネス促進に関するコンサルテーションを行なっている。

 オージス総研グループは米国など海外に拠点を持ち、システム連携基盤「Mule ESB」やオープンソースライセンス管理ツール「Palamida」など海外製品を導入してきたという。今後はHIHと連携して需要の拡大が見込まれるクラウド、セキュリティなどを中心にイスラエルの製品・技術を取り込み、展開していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

セキュアリモート接続 「テレワークRAソリューション」 【アクシオ】 エージェントレス型 IT資産管理ツール『e-Survey+』 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社】 脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 【株式会社ラック】 McAfee Advanced Threat Defense 【マカフィー】
リモートアクセス IT資産管理 データセンター運用 WAF 検疫
3つのセキュアなリモート接続環境を用意することで、さまざまなニーズに対応可能なリモートアクセスソリューション。VDI、RDS構成や“ネットワーク分離”の提案も可能。 え…セキュリティが台無し?原因はIT資産台帳の精度――改善策は? ハイパーコンバージドインフラが救世主となる理由と、効果を最大化する法則 脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053477



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ